komolebi*blog

komolebi44.exblog.jp
ブログトップ

ちょこっと学生、その後。

この春から、放送大学の授業も一つだけ受けているのですが
他に清泉女子大の生涯学習の春期講座も受けています。

こちらはカウンセリングを知識として学ぶのではなく、ワークを実践する講座。
講義もほとんどなく、先生がワークに対して分析したりもしません。
自分で体験して感じる、と言う事をしていく講座です。

これが、なかなか面白いのです~

前回はブレーンストーミングという発想法の回でした。
本来ちゃんとルールがあるんですが(それは今回書かないけれど)
一つテーマを決めて、それについてドンドン思うかんだ事を言っていきます。
その中で「寂しい」と思う時にとる行動を、2グループに分かれて書きだしていきました。


その日の講座を終わった後、先生を囲みながらお茶を飲むのが恒例になっているのですが
その時に、同じグループなった方と、違うグループになった方とでお話ししました。

同じグループの人は、私を含めて寂しがり屋さんの集まりだったみたいで
ドンドンとイメージが沸いてい出たのですが
違うグループの方は、寂しいってこと自体がピンと来ない方が多かったみたいです。
(グループ分けも偶然という名の必然ですね。)

寂しいってこんな感じよ!とか、こんな時、あんな時・・・と
みんなで熱を入れて説明していたら、だんだん可笑しくなって笑ってしまった。


別に寂しいという感情に焦点を当てた講義でもなく、
そのグループの方も説明してほしい訳でもないんでしょうに。
こんなに熱くなるのは、私に”何かがあるから”だと気がついたから。


それからは笑って笑って、帰りの電車に乗ってもハッピーな気持ちでいたら
左手から、温かいエネルギーに包まれてきました。
そしてそのぽかぽかしたエネルギーが全身を包みこんで、やがてゆっくり消えて行きました。

「もう”寂しさ”については、私は対処できる。大丈夫だ」と感じながら
気持ちよく包み込むローズクォーツ色のエネルギーに身をゆだねていました。


私の中にあった”寂しさ”が、笑いによって昇華されていったのでしょう。
封印の解除とか、ヒーリングとかの方法もあるけれど、笑いで癒されるのってまた格別♪

どの方法を取るにしても、自分の内側とは見つめ合う事になるけれど
笑って手放せるのなら、こんな幸せな事はないですよね~


私には、体験型の学習の方が向いているみたい。
体験型学習が好きだから、私はエンパス体質なのかもしれないなぁ~

多分放送大学は今期で辞めてしまうけど、こちらの講座は秋期も続けようと思います。
講座に興味のある方は、よかったら調べてみてくださいな♪
[PR]
# by itosugi-toyoda | 2010-06-01 20:26 | 習い事

こもれび図書の整理。

昨日の満月は強いパワーが働いたようですね。

満月というと、お財布フリフリとかも有名ですが
浄化のパワーもある日なので、お塩をたっぷり入れた浄化風呂に入りました。

お風呂上がりに、ふと「”こもれび図書”を整理しよう」と思い立ち
手放す本をピックアップしてみました。
※こもれびに置いてある本で、気になるものがあればお貸ししています。
a0132110_1745641.jpg

(積み上げた本をゴロンと横になって撮ったので変な感じ・・・)

ブログをご覧の方に、この中に欲しい本があれば差し上げまーす♪

基本的には、八王子まで取りにきてくださる方に差し上げたいのですが
着払いで郵送も出来ると思います。

右側の題名が読み取りにくい3冊は、右からタイ古式マッサージの本、
クリニカルマッサージ、アロマテラピー検定試験対策本(ちょっと書き込みアリ)です。

メールフォームから連絡いただくか
直接メールアドレスをご存知の方は直接どうぞ
(連絡先を知っている方はコメント欄に書いていただいてもいいですよ。)

どうぞ お気軽にご連絡くださいませ~


手放した分スペースが出来たから、新しい本が置けますね!
今度はどんな本を手にするのかな・・・楽しみ楽しみ♪

この記事を書いてから一ヶ月経ちましたので、ご応募締め切りまーす。
本をお嫁にもらってくれた皆さま、ありがとうございました♪

[PR]
# by itosugi-toyoda | 2010-05-29 18:04 | おすすめ!

愛されたい人、愛する人。

マジカルティータイムを受けていただいた方とのセッションの中で
「今までは『誰かの役に立ちたい、必要とされたい。』と思ってきたけれど
今は誰かになにかをお願いしたりしたい。少しわがままかもしれないけれど」という話になりました。

ほんのすこし前までは、私も”必要とされたい病”だったので、その気持ちはとても分かります。


中学生の頃、担任の先生が産休でお休みになり、代わりに音楽の先生がクラスを数カ月うけもっていました。
まだ新任の若い先生で、クラスメイトの間でも人気のある可愛らしい先生でした。

2学期の終わり、その先生から渡された通信簿に先生からの一言が添えてありました。
 『ともこさんは何でも自分一人でやってしまおうとするところがあります。
 もしかするとそれで今後困る事があるかもしれませんよ』


私はその言葉がショックで、それから音楽の授業がすこし憂鬱になりました。

人に何かを頼んで嫌な顔されるくらいなら、自分でやってしまおうとする所はあったけれど
それを褒められることはあっても、まさか注意されるとは思っていなかったのです。
実際、人にお願いするより、なんでも自分でやる方が気楽だったけれど・・・

きっと数カ月しか私を見ていないからだわ!とか
頑張ってやっているのに、一体何が悪いって言うのだろう。と怒りもわいていました。

その言葉は何年間も私の中に引っかかり続けていました。
きっと、その言葉が本当の事だったから。

人に頼まれる事は、面倒と思いつつも内心嬉しくて
褒められる事で私が”ここにいてもいい”という免罪符を貰っている気がしていました。
役立っているのか。認められているのか。必要としてくれているのか。

・・・これは今思えば「愛してほしい」という私の悲痛な叫びでした。

私の中に見つけられない愛を、他の人が必要としてくれる事で受け取りたかった。
今なら自分の中にある愛を確かに感じられるのですけれどね


人は誰しも、誰かの役に立ちたいという願望があると思います。
だから、これからは私も誰かにお願いしたり、ゆだねたり、
苦手な事は得意な人にお任せしたりして、生きていきたいと思うのです。
それは愛を与える行為だと思うから。

もちろん同じ経験ではないけれど、マジカルティータイムを受けてくださった彼女も
愛されたい人から、愛する人に変化していくタイミングだったようです。
素敵な瞬間に立ち会わせていただいて、心から感謝しています

私はまだまだ上手に出来ないけれど、愛のあるお願い上手を目指します♪
[PR]
# by itosugi-toyoda | 2010-05-25 18:11 | つぶやき

いつの間にか育ってました

今日はサクッと書きます。

このブログにつけているブログパーツのグリムス(gremz)で
記事を書くことで木を育てているんですが、今日見たら大人の木になってました。

a0132110_2152682.jpg


大人の木にすると世界のどこかに一本、木が植林されるんです。

私がやっているボランティアとか寄付って、
郵便貯金の利子の一部を自動的に寄付するとか、簡単なものばかり。
これもブログの記事を書くことだけですしね・・・

世界のどこかに”こもれびの木”が植えられる。
なんだか嬉しくって、一言ご報告でした♪
[PR]
# by itosugi-toyoda | 2010-05-21 21:07 | つぶやき

2本目のフラワーレメディ(続き)

前回の記事の続きになりますが・・・

作っていただいたレメディーは、本当に私が求めていたものだったようで
一日に何回も飲み物に入れて飲んでいます。
(お薬とかじゃないので、多くとっても大丈夫なんですよ。念の為)


やたら飲みたがるな~ と思うほかは特に変化はなく、
普通に一日を過ごして布団に入ると、突然昔の事が思い出されてきました。

小学生の時のいじめの状況が、映画の予告編みたいに甦り
ふと「あの頃の私は、私を許してくれるだろうか」という言葉がよぎりました。

私が私を許す・・・・?

頭をよぎった言葉の意味を考えてみました。


小学生の頃、クラスメイトの数人にからかわれたり、いじめられたりしたけれど
私は気が強い方なので、一方的に言われっぱなしって訳でも無かった。

自分なりに対決をしていて、それがよけいに生意気だったと思うけど、
だから今、その人たちに今何かの想いが残っている訳じゃない・・・

私が本当に思いだしたくなかったのは、傍観者に回ったクラスメイト達だった。

力の強いグループに睨まれたくないから、、
別にあなたが嫌いなわけじゃ無いけれど、、、
仕方がないでしょ 分かってくれるよね


許されると信じている、その人たちが私は一番怖かった。


・・・そこまでを思い出して、ハッとしました。
自分のいじめの事について、いつの間にか私も傍観者の一人になっていたのです。
30年近くこの事を放っておいた私の事を、昔の私はきっと許していないんだと感じました。


クラスメイトも、私も、きっと見たくなかったのだ。

嫌な事が自分の身近に起きている、と認めたく無くてキチンと事実を見なかった。

昔の私、今までごめんね。もう大丈夫だよ・・・
少し泣きながら、その日はそのまま寝ました。


それ以来、いじめの事を思い出して辛いという事はありません。
思いだしたくない気持ちもまだ残っているけど、それはゆっくり溶かしていけるはず。

レメディーは相変わらずガブガブ飲んでいますが
今回のレメディーは「何かを手放すため」ではなくて
「昔の私を、今の私に迎え入れるため」に飲んでいる意識に変わりました。

ゆっくりゆっくり、でも着実に 迎えていこうと思います。
[PR]
# by itosugi-toyoda | 2010-05-17 01:28