komolebi*blog

komolebi44.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こもれび図書の整理。

昨日の満月は強いパワーが働いたようですね。

満月というと、お財布フリフリとかも有名ですが
浄化のパワーもある日なので、お塩をたっぷり入れた浄化風呂に入りました。

お風呂上がりに、ふと「”こもれび図書”を整理しよう」と思い立ち
手放す本をピックアップしてみました。
※こもれびに置いてある本で、気になるものがあればお貸ししています。
a0132110_1745641.jpg

(積み上げた本をゴロンと横になって撮ったので変な感じ・・・)

ブログをご覧の方に、この中に欲しい本があれば差し上げまーす♪

基本的には、八王子まで取りにきてくださる方に差し上げたいのですが
着払いで郵送も出来ると思います。

右側の題名が読み取りにくい3冊は、右からタイ古式マッサージの本、
クリニカルマッサージ、アロマテラピー検定試験対策本(ちょっと書き込みアリ)です。

メールフォームから連絡いただくか
直接メールアドレスをご存知の方は直接どうぞ
(連絡先を知っている方はコメント欄に書いていただいてもいいですよ。)

どうぞ お気軽にご連絡くださいませ~


手放した分スペースが出来たから、新しい本が置けますね!
今度はどんな本を手にするのかな・・・楽しみ楽しみ♪

この記事を書いてから一ヶ月経ちましたので、ご応募締め切りまーす。
本をお嫁にもらってくれた皆さま、ありがとうございました♪

[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-29 18:04 | おすすめ!

愛されたい人、愛する人。

マジカルティータイムを受けていただいた方とのセッションの中で
「今までは『誰かの役に立ちたい、必要とされたい。』と思ってきたけれど
今は誰かになにかをお願いしたりしたい。少しわがままかもしれないけれど」という話になりました。

ほんのすこし前までは、私も”必要とされたい病”だったので、その気持ちはとても分かります。


中学生の頃、担任の先生が産休でお休みになり、代わりに音楽の先生がクラスを数カ月うけもっていました。
まだ新任の若い先生で、クラスメイトの間でも人気のある可愛らしい先生でした。

2学期の終わり、その先生から渡された通信簿に先生からの一言が添えてありました。
 『ともこさんは何でも自分一人でやってしまおうとするところがあります。
 もしかするとそれで今後困る事があるかもしれませんよ』


私はその言葉がショックで、それから音楽の授業がすこし憂鬱になりました。

人に何かを頼んで嫌な顔されるくらいなら、自分でやってしまおうとする所はあったけれど
それを褒められることはあっても、まさか注意されるとは思っていなかったのです。
実際、人にお願いするより、なんでも自分でやる方が気楽だったけれど・・・

きっと数カ月しか私を見ていないからだわ!とか
頑張ってやっているのに、一体何が悪いって言うのだろう。と怒りもわいていました。

その言葉は何年間も私の中に引っかかり続けていました。
きっと、その言葉が本当の事だったから。

人に頼まれる事は、面倒と思いつつも内心嬉しくて
褒められる事で私が”ここにいてもいい”という免罪符を貰っている気がしていました。
役立っているのか。認められているのか。必要としてくれているのか。

・・・これは今思えば「愛してほしい」という私の悲痛な叫びでした。

私の中に見つけられない愛を、他の人が必要としてくれる事で受け取りたかった。
今なら自分の中にある愛を確かに感じられるのですけれどね


人は誰しも、誰かの役に立ちたいという願望があると思います。
だから、これからは私も誰かにお願いしたり、ゆだねたり、
苦手な事は得意な人にお任せしたりして、生きていきたいと思うのです。
それは愛を与える行為だと思うから。

もちろん同じ経験ではないけれど、マジカルティータイムを受けてくださった彼女も
愛されたい人から、愛する人に変化していくタイミングだったようです。
素敵な瞬間に立ち会わせていただいて、心から感謝しています

私はまだまだ上手に出来ないけれど、愛のあるお願い上手を目指します♪
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-25 18:11 | つぶやき

いつの間にか育ってました

今日はサクッと書きます。

このブログにつけているブログパーツのグリムス(gremz)で
記事を書くことで木を育てているんですが、今日見たら大人の木になってました。

a0132110_2152682.jpg


大人の木にすると世界のどこかに一本、木が植林されるんです。

私がやっているボランティアとか寄付って、
郵便貯金の利子の一部を自動的に寄付するとか、簡単なものばかり。
これもブログの記事を書くことだけですしね・・・

世界のどこかに”こもれびの木”が植えられる。
なんだか嬉しくって、一言ご報告でした♪
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-21 21:07 | つぶやき

2本目のフラワーレメディ(続き)

前回の記事の続きになりますが・・・

作っていただいたレメディーは、本当に私が求めていたものだったようで
一日に何回も飲み物に入れて飲んでいます。
(お薬とかじゃないので、多くとっても大丈夫なんですよ。念の為)


やたら飲みたがるな~ と思うほかは特に変化はなく、
普通に一日を過ごして布団に入ると、突然昔の事が思い出されてきました。

小学生の時のいじめの状況が、映画の予告編みたいに甦り
ふと「あの頃の私は、私を許してくれるだろうか」という言葉がよぎりました。

私が私を許す・・・・?

頭をよぎった言葉の意味を考えてみました。


小学生の頃、クラスメイトの数人にからかわれたり、いじめられたりしたけれど
私は気が強い方なので、一方的に言われっぱなしって訳でも無かった。

自分なりに対決をしていて、それがよけいに生意気だったと思うけど、
だから今、その人たちに今何かの想いが残っている訳じゃない・・・

私が本当に思いだしたくなかったのは、傍観者に回ったクラスメイト達だった。

力の強いグループに睨まれたくないから、、
別にあなたが嫌いなわけじゃ無いけれど、、、
仕方がないでしょ 分かってくれるよね


許されると信じている、その人たちが私は一番怖かった。


・・・そこまでを思い出して、ハッとしました。
自分のいじめの事について、いつの間にか私も傍観者の一人になっていたのです。
30年近くこの事を放っておいた私の事を、昔の私はきっと許していないんだと感じました。


クラスメイトも、私も、きっと見たくなかったのだ。

嫌な事が自分の身近に起きている、と認めたく無くてキチンと事実を見なかった。

昔の私、今までごめんね。もう大丈夫だよ・・・
少し泣きながら、その日はそのまま寝ました。


それ以来、いじめの事を思い出して辛いという事はありません。
思いだしたくない気持ちもまだ残っているけど、それはゆっくり溶かしていけるはず。

レメディーは相変わらずガブガブ飲んでいますが
今回のレメディーは「何かを手放すため」ではなくて
「昔の私を、今の私に迎え入れるため」に飲んでいる意識に変わりました。

ゆっくりゆっくり、でも着実に 迎えていこうと思います。
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-17 01:28

2本目のフラワーレメディ

先日、4月に作ってもらったフラワーレメディのテーマが終わったようなので
改めて2本目のレメディを選んでもらいました。

フラワーレメディのいいところは
自分の感情と向き合う時の独特の辛さを和らげてくれる、とか
ちゃんと自分で手放していく実感がある、というところが気に入っています。


4月に作ってもらった時は、『なんだかよく分からない不安感』がテーマでした。

今回は特にテーマを決めず、お任せするつもりでいました。
ただ、今回作ってもらうボトルは凄く活用する事になるという予感で
持ち歩き用を含めて2本のボトルを用意しました。

そして、前回と同じくHealing"N"さんのコンサルテーションを受け
ドンドン自分を掘り下げていったら、小学生時代に受けた”いじめ”の事が出てきました。

『いじめられていた』という事自体、本当に思い返したくない出来事だったので
心の中でぐるぐる巻きに梱包をして、風化もせず、私の中で消化もされず。
心の傷は少し触ると血がにじむくらい、その鮮度を保ったまま30年近く私の中にありました。


私はレイキのティーチャーもしていますが、レイキはレベル2講習まで受けると
未来や過去にもヒーリングをすることが出来るようになるんです。

3年前、レベル2講習を受けた時に「ぜひ過去の自分にもヒーリングを送ってみてね」と言われ
他の出来事には送ってみたけれど、いじめの事にだけは送れませんでした。
それは「あの事を生半可な気持ちで癒したりはできない」と強く思っていたから。

とても嫌な事だけど、手放したくはない。

今では私という人を構成している大事な一部になっている。

だけれど、そこに焦点を当ててじっくり見る気にはとてもなれない・・・


3年前にはまだ、取り去りたくなかった感情を
今、フラワーレメディーの力を借りて取り組もうとしています。
取り組める準備が整ったという事なんでしょう。

すべての物事はベストのタイミングでやってくる、と信じて
家族やお友達、レメディーにも力も借りてじっくり取り組んで見る事にします。
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-14 19:02

マジカルティータイムへの感想を頂きました。

マジカルティータイムをお受けいただいた方から感想をメールで頂きました。

ブログへの掲載をお許しいただきましたので、ご紹介させていただきます。
以下、青字部分がご感想です。

土曜日はありがとうございました。
少しずつ私の中で変化があるよな…
それは意識的なものであるけど、なんか楽チンになってきています。
日曜日より月曜日…と言った感じで、沁みてきてます。

土曜日。
背中や胸に、徐々に軽さが伝わってきました。
一番不安だった仕事に関する事も、具体的にこうだよ、と聞いて本当に安心出来ました。
相変わらずの環境でも【私は大丈夫。直ぐに違う道が拓ける】と思えるようになり、
穏やかな気持ちになりました。

それに。
少し主旨と違うかもだけど、私には厳しくも温かいガイドさん、
私には優しかったお婆ちゃんが見てくれている事に安心感があり、
特にお婆ちゃんには問い掛ける事で、自分の言動に自信を持つようになれました。

いろいろ友達と思ってた人たちに裏切られたりと人間不信気味だったから、
それをキチンと見直して、その人達から精神的にも離れて自分らしくいようとも思えるように。

まだ、元気なお花を飾るタイミングがないけど、土曜日、月曜日は、ゆっくり湯船に浸かったよ。
ゆだねる心地よさを味わいました。
それに、昨日、会社の子から悩み事を打ち明けられた時に、
スルスルとポジティブな発想が口から出てきて、自分に納得もスッと出来ました。
徐々に変化。
今日、開いていたら元気なお花を切り花で買うつもり。
まだ寝不足生活だけど、そこも気をつけながら。

きっとまだ私は自覚出来る事がありそうなので、その都度、お伝えします。

また、折れそうになった時に、予約入れます。
その節は、よろしくね。



この方にはお電話でセッションを受けていただいたのですが、
セッション開始時間の5分前位から、おばあさまと名乗る存在が先にいらしてました。

大体、親族の方からのメッセージは注意みたいな事が多い気がしますね。
その辺がガイドさんとは一味違うところでしょうか・・・。

もちろんメッセージはお伝えしましたが、生きている人には生きている人の事情があります。
そのアドバイスに従ってもいいし、意見として聞いておくだけでもいい。と 私は思います。


今回のセッションではごく簡単なヒーリングと、チャネリング、リーディングを行いました。

彼女にはガイドさんから、ごく簡単な日常生活でのアドバイスがありましたが
生活の習慣を変えるというのは、他人からみて簡単な事でも
慣れるまでは色々面倒だったり、なかなか大変な事ですよね。

それを早速チャレンジしてみてくれている事を、伝え手としても とても嬉しく思います。

『まず、やってみる』というのは実はとっても変化を起こしているんです♪
見守ってくれている存在達も、きっとやりがいを感じてくれているんじゃないかな?
(見守ってくれている存在達は、どんな時でもあなたの意見を尊重してくれますが)

どうぞこの先も、無理のないペースで変化を受けとっていってくださいね。
ありがとうございました。
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-11 22:56 | お客様からの感想

母の日に

GWの最終日、実家に一泊してきました。

私が実家に帰るときはいつも、夕方から家族で小さな宴会状態
料理自慢の母が食卓いっぱいにつまみやご飯を並べて、ダラダラおしゃべりが続きます。

遊びに来ていた叔母も帰り、宴会の後片付けを終えて母とお茶を飲んでいたら
「ところで、お前は今どんな事をしているの?」と聞かれました。
サロン勤めを辞めてから、具体的には私がどんな事をしているのか謎だったよう。


口で説明するよりも・・・と思い、母を見させてもらいました。
(メニューでいくとマジカルティータイムをやりました)

チャネリングをすると、右手から絶え間なく砂のようなものがこぼれ落ちる女神の姿が見え
母は”与える人”だと教えられました。

「あなたは”与える人”です。あなたから絶え間なくあふれ出てくる恵みを
 惜しみなくほかの人に与える事が喜びです」


そう私が伝えると、母の顔がパァっと明るくなって「そうなの!!」と言い
『誰かに何かをあげると、無くなるんじゃないか?』と心配する人がいる事を最近知ったと言っていました。

母は”与える人”という事を受け取って、私も初めて母の事が分かった気がしました。

昔から母は大量にお菓子やおかずをつくって、誰かにあげるという事が好きな人で
私が小学生の時、クリスマスでも何でもない日にシュークリームを焼いてきて、
40個近いシュークリームに、クラスメイトも私も驚いた事もありました。
(その後、私のクラスでお母さん方からの差し入れが流行り、職員室で問題になったのですが)

そんな母を、私や父は謎に思ったり、ちょっとおせっかいだと思っていたのです。
でも、母にとっては喜びだったんですね・・・

私がチャネリングで受け取ったことで、
「お母さんの喜びが与える事なら、もう心配しないからジャンジャンやればいいよ」と言うと
母は理解された喜びで眠気も吹き飛び、深夜2時までおしゃべりしちゃいました。


母はすっかりチャネリングやリーディングが気に入ったようで
体調についても2つアドバイスをもらい、それを母に告げると
ウッカリ忘れていたけれど、お医者さんに言われていた事だったようです。

アドバイスに従ったら、次の日からすっかり調子が良くなったと電話をくれました。


私も母に自分のやっている事を正直に出せたことで、大きな変化が起きたみたいで
疲れてもいないのに風邪を引いてしまいました。

鼻はまだズルズルしたりしているけれど、精神的にはとてもスッキリしています。


私と母がお互いに、素晴らしい存在だと認めあえた。
それだけで癒しがおきるんですね・・・・

母の日に、このブログを書けて本当に良かった
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-09 13:24 | つぶやき

GWの過ごし方

この連休、毎日快晴ですね!

我が家は二人とも家でお仕事をするようになったので
連休のような混みあった時期は、家でのんびりする事にしています。

そんな我が家でも、5月に入ってからのこの初夏のような天気に
「どこか行きたい。表に出たい!」ワクワクしてきちゃいました。

ちょっとだけドライブに行き、渓谷の良い空気を吸ってリフレッシュ。
日差しがキッラキラ☆でした。
a0132110_17561594.jpg



そして、念願の野菜作りとグリーンカーテン作り。
a0132110_17595945.jpg

写真はゴーヤとトマト、シソ。

グリーンカーテンには朝顔の立派な感じの・・・
オーシャンブルーって品種で”巨大植物!グリーンカーテンに最適”とあったので。

我が家のベランダは西日が強くて、乾燥や日差しに強い植物でも枯れちゃうんですが
今年からは私も家にいるようになったので、朝夕お水をあげれば大丈夫かな?

a0132110_1815164.jpg

玄関には半日陰でもよく育つらしいフィエスタってお花を植えてみました。
真ん中の家は小人さん用ですおいでませ~

日に当たって土いじりしていると「生きてるー!」って感じがします。
植えて数時間のトマトも日差しの方に葉を向けて、生きようとしている。

植物って生長する様子を見ているだけでも、元気を分けてくれますね。

とくに野菜は、種や苗からドンドン伸びて、
花が咲き、実をつけるまでって結構ドラマティックだと思う。
私にできるのはそのお手伝いだけなんですよね。

あ、あとは出来たお野菜を美味しく頂くって事かな
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-03 18:32 | サロン作り