komolebi*blog

komolebi44.exblog.jp
ブログトップ

2010年 05月 17日 ( 1 )

2本目のフラワーレメディ(続き)

前回の記事の続きになりますが・・・

作っていただいたレメディーは、本当に私が求めていたものだったようで
一日に何回も飲み物に入れて飲んでいます。
(お薬とかじゃないので、多くとっても大丈夫なんですよ。念の為001.gif


やたら飲みたがるな~ と思うほかは特に変化はなく、
普通に一日を過ごして布団に入ると、突然昔の事が思い出されてきました。

小学生の時のいじめの状況が、映画の予告編みたいに甦り
ふと「あの頃の私は、私を許してくれるだろうか」という言葉がよぎりました。

私が私を許す・・・・?

頭をよぎった言葉の意味を考えてみました。


小学生の頃、クラスメイトの数人にからかわれたり、いじめられたりしたけれど
私は気が強い方なので、一方的に言われっぱなしって訳でも無かった。

自分なりに対決をしていて、それがよけいに生意気だったと思うけど、
だから今、その人たちに今何かの想いが残っている訳じゃない・・・

私が本当に思いだしたくなかったのは、傍観者に回ったクラスメイト達だった。

力の強いグループに睨まれたくないから、、
別にあなたが嫌いなわけじゃ無いけれど、、、
仕方がないでしょ 分かってくれるよね


許されると信じている、その人たちが私は一番怖かった。


・・・そこまでを思い出して、ハッとしました。
自分のいじめの事について、いつの間にか私も傍観者の一人になっていたのです。
30年近くこの事を放っておいた私の事を、昔の私はきっと許していないんだと感じました。


クラスメイトも、私も、きっと見たくなかったのだ。

嫌な事が自分の身近に起きている、と認めたく無くてキチンと事実を見なかった。

昔の私、今までごめんね。もう大丈夫だよ・・・
少し泣きながら、その日はそのまま寝ました。


それ以来、いじめの事を思い出して辛いという事はありません。
思いだしたくない気持ちもまだ残っているけど、それはゆっくり溶かしていけるはず。

レメディーは相変わらずガブガブ飲んでいますが
今回のレメディーは「何かを手放すため」ではなくて
「昔の私を、今の私に迎え入れるため」に飲んでいる意識に変わりました。

ゆっくりゆっくり、でも着実に 迎えていこうと思います。043.gif
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-17 01:28