komolebi*blog

komolebi44.exblog.jp
ブログトップ

2009年 11月 28日 ( 2 )

エンパシックヒーリング その2

エンパシックヒーリング その1 からの続きです

講習後におこった 深い癒し、、、
それは、ちょっとした夫婦喧嘩の時に実感しました。
(喧嘩の内容がたわいもない話ですいませんが、説明のために書いておきます。)


先日「今日は午後から映画を見に行こう!」と主人が言うので、
自分の用事を切り上げて、早めに帰宅したところ、主人は熟睡中・・・・ (-_-)゚゚゚zzz

疲れているのだろうとそのまま寝かせて、夕方に一声かけましたが起きず。
夜7時になり、映画は諦めたけれどご飯くらいは・・・と起きてもらいました。

映画の件を一言くらいふれるかと思いきや、なにも言わずにいるので
私の中に「一言謝ったっていいんじゃない?」という感情が出てきました。

駐車場で車を出しながら、「一言謝るほうがよくない?」と主人に言うと
「仕事ですごく疲れてるんだよ」と主人。
「それでも、謝ってもいいと思うよ~」と私が言うと、
「一人でご飯食べてくるからいい!!」と言って、車から降りて一人でズンズン歩いて行きました。

・・・本当にくだらない話ですいませんが、もうちょっとお付き合いくださいね。

駐車場に一人残された私は、いつもなら相手の感情に引きずられてしまうので
・すぐに追いかけて、泣きながらワーワーまくしたてる。
・すぐに追いかけて、無言で一緒に歩く。
・すぐ追いかけて、なんとなく謝る。
・家に帰って、ブスッとして待つ。帰ってきてもしばらく会話しない。

多分、この選択肢のどれかをやって、気持ちがスッキリしないままのはずなんですが
この日はちょっと違いました。

駐車場の車を戻し、100mくらい先を歩く主人は見えているけど
一人でスーパーに行って買い出しをして
コンビニで”自分へのプレゼント”としてちょっと高いアイスを購入。

気分がすっかり良くなりニコニコと店を出たら、ちょっとバツが悪そうに主人がいました。

「おっ 何食べて来たの~?」と私が普通に接したので
「牛丼食べた」と彼も答えて、荷物を分担して持ちながら家に帰りました。
どちらも謝ったりはしていないけれど、二人ともスッキリしていたのです。

私が主人の怒りにつられなかった事、
疲れている事と、謝らない事は別じゃないか?と、ただ言えた事、
なんとなく私が「ごめん」と謝って終わりにしなかった事、
彼が本当は「悪かったな」と思っていると感じられた事、

文字にするのは難しいけれど、この事で二人が癒されたように感じました。


今まで自分の感情が、火のように勢いがあって、
水のように形が無く、安定していなくて、不安で
自分でも取り扱うのが難しく、持て余していたというのに

この講習を受けて自分の感情が、しっかり軸はあるけれど
物事を柔らかく受け止められ、ふんわりと相手に返せるものになるとは・・・・


自分自身がしっかり保てて、そんな自分を心から好きになる。
そんな人の周りには、自然とヒーリングが起きる。
これがエンパシックヒーリングの一番の効果かもしれないと感じました。

共感能力は人と接する時、威力を発揮するコミュニケーション能力です。

近々 エンパシーヒーリングのメニューをHPに載せますので
興味のある方はそちらも御覧くださいね♪
[PR]
by itosugi-toyoda | 2009-11-28 23:48 | エンパス

エンパシックヒーリング その1

あっという間に11月も終わろうとしています。
そして、約10日ぶりのブログ更新です。
お久しぶりでございます~

11月20日に、エンパシックヒーラー講習というものを習ってきたのですが
今やっと「書きたい」モードに入りました!
(近々エンパシックヒーリングというメニューが増える予定です。)

ちょっと長くなりますが、どうぞお付き合いください。


エンパスって皆さんご存知でしょうか・・・?
エンパスというのは、日本語にすると共感能力者と言いまして

・他者の痛みを、自分のもののように感じる
・他者の感情、その場の気などに影響を受けやすい。
・本当の自分の感情や、好みなどがよく分からない。
・相手に合わせて、言動が変わる事がある。
・人の期待に敏感なので、それに答えようとしすぎる。
・人ごみに行くととても疲れる。
・いわゆる邪気を受けやすい

などの傾向があります。
良い面としては

・感受性が豊か
・人の気持ちを理解(共感)できる
・その場の空気を読む、察する事が得意。

とも言えますが、自分のものではない感情などに敏感なために
とにかく自分自身を見失いやすい体質だと言えます。

日本人で、これに全く当てはならない人はいないかな~と思いますが
特にこの傾向が強い人は、当人にしかわからない辛さがあると思います。


共感能力を、否定したりオン・オフを切り合えるのではなく
丸ごと受け入れ、さらに素晴らしい能力として開花させてしまおう!という講習でした。

この講習を受けて、私自身が精神的に楽になった事しか当日は分かりませんでしたが
もっと深い癒しが起きている事を、後ほど実感しました。


エンパシックヒーリング その2 に続きます。
[PR]
by itosugi-toyoda | 2009-11-28 22:47 | エンパス