「ほっ」と。キャンペーン

komolebi*blog

komolebi44.exblog.jp
ブログトップ

私のエンパス体験

今回は私の思うエンパスな人の特徴・・・というか私自身の経験談です。
共感能力は、その人それぞれに使われ方が違うので、参考程度に考えてください。


エンパスの人は生まれながらの女優、とも言える存在です。
容姿の事は脇に置いておいてください(^^;)

ひらひらっとした可愛い服を着れば、自然と声も小さく内股になり
Tシャツとジーンズの時は、大股でスタスタ歩き、アハハと笑う。

私が服を着ているのではなく、服に主導権がある状態
演じているつもりのない役者のようなもの。

期待されている役割を感じ取り、その瞬間から役者スイッチが入ってしまいます。


「こう言ってほしいんだろうな」という感情も拾ってしまう為、
期待通りにセリフを言ってしまって、後で後悔したりもします。
(その時は本心だと錯覚する時もあります)

そのくせ他の人の言葉の裏側、お世辞などにも気がつくので
「なんだか信用できない」と思ったり、そんな自分にも嫌気がさしたり・・・

そのうち、あえて”空気を読まない”なんて事を試してみたりします。


そんな事が続くと、自分でも本当の自分、望みというものが見えにくくなって
いわゆる「自分探し」をはじめる事になりますが、それがまた難しい!


本来の自分というものを、外へ求めると

・自分に好意を持ってくれる人から、自分を見つけようとする。
 (自分に対する人のイメージ=自分 となりやすい)

・習い事や資格、何かを身につけることで、自分を見つけようとする。
 (今のままの自分は自分と思いたくない)

・他者に自分をゆだねてしまうので、心の奥では満足感が無い。


私はというと、仕事に自分を求めてしまって苦しかった訳です。

サービス業をしている以上、お客様の満足度というのはとても大切ですが
そこに重点をおきすぎて、自分の施術を見失いやすかったのは確かです。
(こんなに堂々と書くのもどうかなと思いますが。)


自分の感覚を信じる。
自分の体を感じる。
私を心地よくできるのは、私だけ。
その人を健康にできるのも、その人だけ。

私が私でいられれば、相手も自分自身でいられるはず。
自分を信じられる様になった分だけ、人を信じられる。


エンパスに限らない事ですが、
結局は、自分自身を愛することで本来の自分が輝く と今私は感じています。
[PR]
by itosugi-toyoda | 2009-12-02 18:52 | エンパス