komolebi*blog

komolebi44.exblog.jp
ブログトップ

2本目のフラワーレメディ

先日、4月に作ってもらったフラワーレメディのテーマが終わったようなので
改めて2本目のレメディを選んでもらいました。

フラワーレメディのいいところは
自分の感情と向き合う時の独特の辛さを和らげてくれる、とか
ちゃんと自分で手放していく実感がある、というところが気に入っています。


4月に作ってもらった時は、『なんだかよく分からない不安感』がテーマでした。

今回は特にテーマを決めず、お任せするつもりでいました。
ただ、今回作ってもらうボトルは凄く活用する事になるという予感で
持ち歩き用を含めて2本のボトルを用意しました。

そして、前回と同じくHealing"N"さんのコンサルテーションを受け
ドンドン自分を掘り下げていったら、小学生時代に受けた”いじめ”の事が出てきました。

『いじめられていた』という事自体、本当に思い返したくない出来事だったので
心の中でぐるぐる巻きに梱包をして、風化もせず、私の中で消化もされず。
心の傷は少し触ると血がにじむくらい、その鮮度を保ったまま30年近く私の中にありました。


私はレイキのティーチャーもしていますが、レイキはレベル2講習まで受けると
未来や過去にもヒーリングをすることが出来るようになるんです。

3年前、レベル2講習を受けた時に「ぜひ過去の自分にもヒーリングを送ってみてね」と言われ
他の出来事には送ってみたけれど、いじめの事にだけは送れませんでした。
それは「あの事を生半可な気持ちで癒したりはできない」と強く思っていたから。

とても嫌な事だけど、手放したくはない。

今では私という人を構成している大事な一部になっている。

だけれど、そこに焦点を当ててじっくり見る気にはとてもなれない・・・


3年前にはまだ、取り去りたくなかった感情を
今、フラワーレメディーの力を借りて取り組もうとしています。
取り組める準備が整ったという事なんでしょう。

すべての物事はベストのタイミングでやってくる、と信じて
家族やお友達、レメディーにも力も借りてじっくり取り組んで見る事にします。
[PR]
by itosugi-toyoda | 2010-05-14 19:02